fb
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル

プロパンガスと都市ガスの料金比較

プロパンガスと都市ガスの
料金比較

プロパンガスは適正価格にすれば、都市ガス並みの料金が可能です

プロパンガスの平均価格と都市ガスの料金を比較すると、一般的にはプロパンガスのほうが1.8~2倍ほど高くなっています。しかし、協会経由で適正価格化を図ることで、都市ガスの1.2〜1.3倍程度の料金を実現することが可能です。
プロパンガスは適正価格にすれば、都市ガス並みの料金が可能です
※お住まいの都道府県ボタンをタップしてください。

関東地方のプロパンガス料金





北海道地方のプロパンガス料金


甲信越地方のプロパンガス料金


東海地方のプロパンガス料金


北陸地方のプロパンガス料金


近畿地方のプロパンガス料金



プロパンガスは都市ガスに比べて「高い」と思っている方が多いようですが、それは高いプロパンガス会社を利用しているからに過ぎません。プロパンガスも適正価格で利用すれば都市ガスに遜色ないどころか割安になることさえあります。

プロパンの火力は都市ガスの2.23倍

最初に重要なことを説明します。都市ガスの火力(熱量/ カロリー)は1m3 あたり10,750Kcalですが、プロパンガスは1m3あたり24,000Kcalとなり、プロパンガスは都市ガスに比べて2.23倍の火力があります。そこで、都市ガスの従量料金に2.23を掛けてプロパンガスとの料金比較をしてみたいと思います。

プロパンの火力は都市ガスの約2.23倍

地方別:プロパンガスの適正価格と都市ガス料金との比較

地方別:プロパンガスの適正価格と
都市ガス料金との比較

<関東地方>

(消費税別)
都市ガス※1
基本料金1,058円+従量料金6,289※2
=合計請求額 7,347
プロパン
基本料金1,500円+従量料金6,600※3
=合計請求額 8,100
※1:東京ガス(株)発表「東京地区2013年8月検針分(20m3~80m3)」※2:単価141円×2.23×使用量20m3 ※3:単価330円×使用量20m3

<東北地方>

(消費税別)
都市ガス※1
基本料金1,139円+従量料金8,875※2
=合計請求額 10,014
プロパン
基本料金1,500円+従量料金6,600※3
=合計請求額 8,100
※1:東部ガス(株)発表「2013年8月検針分(24m3~102m3)」参考 ※2:単価199円×2.23×使用量20m3 ※3:単価400円×使用量20m3

<甲信越地方>

(消費税別)
都市ガス※1
基本料金893円+従量料金5,218※2
=合計請求額 6,111
プロパン
基本料金1,500円+従量料金6,600※3
=合計請求額 8,100
※1:長野都市ガス発表「2013年8月検針分(26m3~80m3)」参考 ※2:単価117円×2.23×使用量20m3 ※3:単価400円×使用量20m3

<東海地方>

(消費税別)
都市ガス※1
基本料金1,800円+従量料金6,779※2
=合計請求額 8,579
プロパン
基本料金1,500円+従量料金7,600※3
=合計請求額 9,100
※1:東邦ガス(株)発表「2013年8月検針分(26m3~250m3)」参考 ※2:単価152円×2.23×使用量20m3 ※3:単価380円×20m3

いかがでしょうか。各地方毎に当協会の推奨する適正価格と、代表的な都市ガス料金とを比較してみました。結果として確かに地域差はあります。プロパンガスのほうが安い地方もあれば、都市ガスのほうが圧倒的に安い地方もあります。意外に都市ガスも高いと感じた方もいるかもしれません。

いずれにしても、プロパンガスが必ず高いというわけではなく、プロパンガスを適正価格で利用することができれば、それほど差が出ない地方もあるということがご理解いただけたのではないでしょうか。

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパートの方からの電話相談は受付けておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |
▲Page Top